エコ生活の知恵・裏技/節約術

浴室や洗面所のカビを防止するためにも、きれいに掃除をしておきましょう

浴室・洗面所は湿度が高く、カビやニオイも発生

浴室や洗面所は湿度が高くなりやすいため、汚れのほかにカビやニオイも発生しやすくなります。きれいに掃除して、気持ちよく使えるようにしましょう。

浴室をきれいに

カビ防止のための通常の手入れは
入浴後に熱めのシャワーを壁や床などにかけ、汚れや石けんカスなどを流します。特にシャンプー置き場やコーナーなどは念入りに流します。 次に水で流して蒸気をなくし、カビを発生しにくい状態にします。
浴槽の汚れには重曹
入浴後に浴槽に重曹を1カップ入れておき、翌朝にブラシでこするだけで湯あかなどの汚れが落ちます。一緒に浴槽に洗面器やイスを入れておくと、 こちらもきれいになります。
頑固な湯あかはクエン酸で
水200ccにクエン酸大さじ4杯を混ぜて、湯あかの部分にぬり、ペーパータオルやティッシュを貼り付けてしばらく放置しておきます。その後ブラシでこすると湯あかが落ちやすくなります。
酢できれいに
酢を水で2倍ほどに薄め、汚れた部分にスプレーをしてブラシでこすります。酢は石けんカスを溶かしてきれいにしてくれます。 はえてしまったカビには、酢を薄めずにそのまま使います。カビの部分にペーパータオルやティッシュを貼り付け、その上に酢をしみこませます。1時間ほど放置すると、カビがとれやすくなります。

シャワーヘッドも酢水につけておくときれいになります。 洗面器に湯と酢カップ1/2を入れてシャワーヘッドをつけておきます。翌朝にブラシでこすると、目詰まりもなくなりすっきりとします。
タイル目地のカビには
粉石けんと過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を同量に混ぜたものを使います。その混ぜた中に水を少しずつ加えてペースト状にします。それをカビの部分に塗り、数時間放置しておきます。その後ブラシでこすり洗いをすると、カビが取れます。 酸素系漂白剤は塩素系と違ってツーンとしたにおいがなく、刺激が少ないので扱いやすいです。
タイル目地のカビ防止には
タイルの目地のカビ予防には、ろうそくが便利です。
目地にろうそくを塗っておくと、ろうのコーティング効果が水気をはじきカビをはえにくくしてくれます。

スポンサーリンク


洗面所をきれいに

重曹と酢できれいに
洗面台の水あかや湯あかは、重曹できれいになります。 湿らせたスポンジに重曹をつけて軽く磨き、水で洗い流します。この後、酢水をスプレーしておくとカビ防止になります。
蛇口まわりをきれいに
洗面台の蛇口まわりなどの細かい部分は、重曹大さじ2に水大さじ1を混ぜたものを付けて歯ブラシなどでこすり、洗い流して拭き取ります。

蛇口まわりの水あかはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が効きます。クエン酸水(水1カップにクエン酸小さじ1杯を混ぜたもの)でスプレーしてから、布などで拭き取るだけでスッキリと汚れが取れます。

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る