エコ生活の知恵・裏技/節約術

衣類の手入れの裏技~生活に便利な知恵・裏技

衣類の手入れの裏技

衣類を長持ちさせることもエコ生活につながります。衣類を長く着るための、ちょっとした工夫をご紹介します。

衣類の手入れの裏技いろいろ

ニットが縮んだら
ニットが縮んでしまったら、手でひっぱって伸ばすと同時に、スチームアイロンで蒸気をしっかりとあてます。伸ばしながらアイロンをかけるのが苦手の場合は、アイロン台にニットを伸ばしてマチ針を打って置き、スチームを浮かしてかけます。
ある程度の大きさには戻りますが、フエルト状になってしまったニットは無理でしょう。
クローゼットにしまう前に
コートやスーツを着て脱いだ後、すぐにクローゼットにしまうと汗や湿気などがクローゼット内に広がってしまいます。 脱いだ後は、ハンガーにかけて一晩そのままにして湿気をなくしてからしまうようにしましょう。
ウールのテカリをとる
学生服や紺のズボンなどのウール素材は、おしりやひざの部分がテカリが出てきます。テカリは摩擦により繊維が強く抑えられたりこすれたりしたことが原因です。 テカリを目立たなくするには、ブラッシングをまめにして毛羽を起こすことです。
テカリが気になったら、水カップ1にアンモニア小さじ1杯を混ぜてテカリ部分に霧吹きします。そうしたら当て布をあててアイロンをかけ、すぐブラシをかけるとテカリが軽減されます。
ウールは浴室でシワを取る
ウールのスーツやコート、ワンピースなどのシワが気になるときは、入浴後の浴室に一晩干しておきましょう。入浴後は湿気があるため、シワが伸びてきれいになります。
汗ジミにスプレーのり
シャツなどの脇の汗ジミ対策には、スプレーの洗濯のりをシャツの脇の部分の両面にスプレーします。そうすると汗ジミがつくのを予防できます。

スポンサーリンク

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る