エコ生活の知恵・裏技/節約術

カーペットのシミ抜き/エコ掃除の知恵・裏技

カーペットのシミ抜きについて

カーペットにものをこぼしてシミをつけてしまったら、すぐにシミを取ることが基本です。ついてすぐのシミは取るのが簡単ですが、時間が経ってしまったシミは非常に落ちにくくなってしまいます。
シミの種類には「水溶性」と「油溶性」、「その他のシミ」に分けられます。シミの種類がわからない場合は、濡れタオルでシミの部分に当て、タオルに汚れがつけば水溶性になります。

カーペットのシミ抜きの方法

水溶性のシミの取り方
水で固く絞ったタオルなどでたたくようにして拭きます。それで取れない場合は、中性洗剤を含ませた布でおさえるように拭きます。最後に固く絞った布で水拭きし、さらに乾拭きをして仕上げます。
油溶性のシミの取り方
ベンジンか無色透明のマニキュア除光液を白地の布に含ませ、シミの部分を押すようにして落とします。こすらないように、シミの色がなくなるまで繰り返し落とします。
シミが取れたら、固く絞った布でよく拭き取ります。
※色落ちする場合は、この方法は使えません。
どうしても取れないシミの場合
水溶性と油溶性のシミの取り方を試しても取れない場合は、漂白剤を使います。液体の酸素系漂白剤をそのままシミの部分につけて放置しておきます。30分程経ったら使い古しの歯ブラシなどでこすり、シミを落とします。シミが取れて薄くなってきたら、水で固く絞った布で汚れや漂白剤をきれいに拭き取ります。

スポンサーリンク

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る