エコ生活の知恵・裏技/節約術

洗濯物を干すときの知恵・裏技

洗濯物を干すときの知恵・裏技

洗濯物を干す場合に便利で効果的な方法をご紹介します。

洗濯物を干すときには

洗ったらすぐに干す
洗濯機で洗って干すのを忘れていたりすると、雑菌が繁殖して臭いがついてしまいます。それを干しても臭いが残ってしまうものです。洗い終わったら、すぐに干すようにしましょう。
すぐに干せないときには
例えば夜に洗濯して朝に干すというようなときには、最後の脱水をしないで水の中にそのまま入れておきます。そうすると臭いがつかず、朝干す前に脱水をして干します。
室内に干すときは
室内に洗濯物を干す場合は、エアコンをつけると乾きやすく、臭いの発生もおさえられます。
エアコンはドライや除湿にして、なるべく風が通る場所に干すのがいいです。扇風機で風を送ってやるのもいいでしょう。

スポンサーリンク


カーテンレールには干さない
カーテンレールに洗濯物をかけて干すのはよくありません。洗濯物の湿気がカーテンに移ってカビが発生したり、窓に結露がついたりしてしまいます。
ジーンズ・ズボンは裏返しで干す
ジーンズやズボンは裏返して、乾きにくいポケットなどを表にし、ピンチハンガーに筒状にして干すと乾きやすくなります。
フード付きの場合は、ダブルハンガーにして干す
フード部分はそのまま干すと、布が重なって乾きにくくなります。そんな時はクリーニング屋さんのワイシャツ用のハンガーなど、小さめのハンガーを使います。普通のハンガーに衣類をかけて、それを小さめのハンガーにかけてフード部分をその小さめのハンガーにかけます。
カーテンは脱水後、そのままレールに干す
カーテンを洗濯して脱水したら、そのままカーテンレールに干します。重みでしわも取れ、アイロンがけが不要になります。
シーツや毛布などは三角にして干す
シーツや毛布などの大物は、三角にすると水分が下の一点に集まり、乾きが早くなります。
靴下はゴムを上にして干す
靴下を干すときにゴムを下にすると、ゴムの痛みがはやくなります。ゴムを上にして干しましょう。
シャツを糊付けしたときは、逆さに干す
シャツなどを糊付けしたときは、裾をピンチではさみ逆さにして干します。逆さにすることで、糊が衿やカフスに下がっていき、きれいに乾きアイロンも不要になります。
運動靴はビール瓶にかぶせて乾かす
運動靴やスニーカーは乾きにくいですが、空のビール瓶にかぶせて干すと早く乾きます。ビール瓶は焦げ茶系の濃い色をしているので、光をたくさん吸収します。その熱によって運動靴も乾きがよくなるのです。ビール瓶以外にも、濃い色のものは効果的です。

スポンサーリンク


エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る