エコ生活の知恵・裏技/節約術

食材の保存法~肉・魚介類の冷凍保存法

肉・魚介類の冷凍保存について

肉や魚介類を冷凍保存するときは、スーパーから買ってきたパックのまま冷凍庫に入れるのは避けたいものです。

肉・魚介類の冷凍保存方法

空気を抜いて保存
肉や魚介類が空気にふれないように、ラップをするときにぴったりすることが基本です。ラップをしてフリーザーパックに入れるときも、空気を抜いてから入れるようにしましょう。
水分を除いてから保存
水気の多いものは、水気をペーパータオルなどでよく拭き取ってから冷凍しましょう。
薄切り肉・かたまり肉
  • 薄切り肉・・・ 一枚ずつ重ならないようにラップに並べて包み、冷凍保存します。
  • かたまり肉・・一口大に切ってから重ならないようにラップに並べて包み、冷凍保存します。
ひき肉を冷凍するときは
ラップの上に薄く広げて包み、菜箸などですじ目を入れてからフリーザーパックに入れて冷凍します。使うときは、そのすじ目から割れるので少量ずつ使えます。

スポンサーリンク


ハムは1枚ずつラップに包む
ハムはラップを大きめに広げて、1枚置いたらラップで重ね、またハムを置いてラップで重ねるというように繰り返し、ジャバラ状に重ねていきます。そうしたらフリーザーパックに入れて冷凍します。
魚の切り身を冷凍するときは
ペーパータオルで水気を拭き取り、1切れずつラップで包んでから、フリーザーパックに入れて冷凍します。
下味のついてない切り身の場合は、そのまま冷凍するとパサついたり臭みがでることもあるので、下味をつけてから冷凍する方がいいでしょう。
アサリやシジミは砂だしして冷凍
砂だしをしてよく洗い、水気を拭き取ってから平らにして冷凍します。
調理するときは解凍しないで、凍ったまま使います。解凍してしまうと口が開きません。お味噌汁なら、沸騰しているお湯にそのまま入れます。

食材の保存法MENU
野菜の保存法  野菜の冷凍保存法  肉魚介類の冷凍保存法  意外なものの冷凍保存法

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る