エコ生活の知恵・裏技/節約術

新鮮食材を見分ける~新鮮魚介類

新鮮な魚介類を見分ける

魚介類は鮮度のいいものを選ぶのが一番ですが、どんなところにチェックしたらよいかをご紹介します。

新鮮な魚介類を見分けるには

一尾魚の場合
  • 目・・目が黒く、澄んでいるもの。白っぽく濁っているものは鮮度が落ちている。
  • 腹・・張りがあり、弾力があってピンとしている。ブヨブヨして破れているものは避ける。
  • 皮・・色つやがよく、光沢がある。
  • うろこ・・うろこがきれいに揃っているもの。剥げ落ちているものは避ける。
  • えら・・えらの色が鮮やかな赤色である。茶色っぽいものは避ける。
切り身魚の場合
  • 身・・ハリとツヤがあり、透明感がある。
  • 血合い・・鮮やかな赤色でくっきりしている。
  • 皮・・血や汁が少ない。
  • 切り口・・切り口がだれていない。
さんま
  • 目が黒く澄んでいる
  • 背中が青くうろこが輝いている
  • 腹部がしっかりして張りがあり太目のもの
さば
  • 目が黒く澄んでいる
  • 身がかたく張りがある
  • 背中の模様がはっきりとして、腹の銀色が鮮やかなもの
いわし
  • 目が黒く澄んでいる
  • 体がピンと張っていて、うろこが光っている
  • 腹がかたく張っていて、体の斑点が鮮やかである
たい
  • 目が黒く澄んでいる
  • 皮やひれがピンと張っていて、つやがある
  • 色が鮮やかで、輝いている
イカ
  • 身に光沢があり、透明感がある
  • 目は澄んでいて輪郭の周りに緑色の発色がある
  • 足の吸盤をさわると吸い付く

スポンサーリンク

新鮮食材を見分けるMENU
新鮮魚介類の見分け方  新鮮肉の見分け方  新鮮野菜の見分け方  

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る