エコ生活の知恵・裏技/節約術

野菜・果物のエコ菜園

野菜・果物のエコ菜園

野菜を調理して残った部分、茎や根などを捨てないで再生してみましょう。うまくいけば大きく育ちます。

野菜・果物のエコ菜園で再生

豆苗
豆苗はえんどう豆の新芽で、スーパーではよく見かけるようになりました。パッケージにも書いてあるように、再収穫ができます。1回目に茎を切り取った後、水を注いだパックなどに入れておくと、1週間~10日で食べられる大きさになります。水は毎日取り替えましょう。
三つ葉
三つ葉を切り取ったあとに残った茎を容器に入れて、水を注ぎます。茎の部分が水につかると腐りやすくなるので、水は少なめにしましょう。1週間位で食べられるようになります。 三つ葉の根があったら、土を入れた植木鉢などに植えるといいでしょう。
ネギ
ネギの根元の部分を2~3cm残しておき、植木鉢やプランターなどに植えておきます。 1~2週間で新芽が出てきて、その後10日ほどで収穫できます。
にんじん・大根
にんじんや大根の頭の部分1cm位を少な目の水を入れた容器の中に入れます。水をたくさん入れると腐りやすいので注意しましょう。2~3週間で葉が大きくなってきます。

スポンサーリンク


キャベツ・白菜
キャベツと白菜は芯の部分を1/4くらいに切り、容器に入れて水を1cmほど注ぎます。葉が4~5枚ほどになったら、植木鉢に植えたり地植えすると大きく育ちます。
ニンニク
ニンニクの皮をむいて土に埋めておくと、数日で芽が伸びてくるので15cm位になったら根ごと収穫します。根と葉を丸ごと食べられます。
ハーブ
バジルやミントなどのハーブが残ったら、枝を水にさしておき、根がたくさん生えてきたら土に植え替えると葉が元気に育ってきます。
パイナップル
パイナップルの葉を植木鉢に植えておくと、根が生えて葉が伸びてきます。観葉植物のようなかんじになりますが、何年かたつと実がなって食べることができるかもしれません。日当たりのよい温かいところに置いておきましょう。

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る