エコ生活の知恵・裏技/節約術

ガス代節約の知恵

ガス代節約の知恵

ガスコンロの使い方や調理法、お風呂の入り方をちょっと工夫だけでガス代を節約できます。

台所でガス代節約

鍋底は平らで広い方がいい
鍋は平らで広いほうが湯などを沸かす時間が短くできます。
コンロの火加減ははみださないように
鍋の底から火がはみ出て使うのは、火の無駄使いになります。鍋底に合った火加減にしましょう。
鍋底の水気を拭き取ってから火にかける
鍋ややかんの底に水気がついていると、水分を蒸発させるために、余計な火力が使われてしまいます。底の水気は拭き取ってから火にかけるようにしましょう。
圧力鍋で加熱時間を節約
圧力鍋を使って加熱時間を短くし、ガス代の節約をしましょう。
蓋をする
お湯を沸かしたり煮込んだりするのに、少量だったり洗うのが面倒だったりすると蓋をしないときもあります。蓋をするのとしないのでは、かかる時間が結構違ってきます。蓋をするようにしましょう。

スポンサーリンク


茹でるときは同じ鍋で
数種類の野菜を茹でるときなど、一つの鍋で続けて茹でるとガス代が節約できます。茹でる順番はアクの弱いものを先に、アクの強いものをあとにするといいです。
電気ポットよりコンロを使おう
電気ポットでお湯を沸かして保温するのは便利ですが、お湯を使うときに使う分だけコンロで沸かす方が経済的です。
電子レンジを活用する
野菜などを茹でるのに、電子レンジを使う方が時間も短くて効率がよく、ガス代節約になります。

お風呂でガス代節約

お風呂は続けて入る
お風呂に入るときに時間があいてしまうと、追い炊きや保温機能のためガス代を多めに使うことになります。お風呂に入るときは間をおかず、続けて入るようにしましょう。
保温シートを併用する
風呂蓋をする前に保温シートを湯船に浮かべると、浴槽の温度が下がりにくくなります。
下の穴をふさぐ
2つ穴の風呂釜の場合、下の穴にスポンジなどをふさいでおくと、お湯が冷めにくくなります。下の穴からは釜の中で冷めたお湯が出てくるので、それを防ぐためにふさぐということです。
※注意:穴をふさいだままで沸かさないでください。

スポンサーリンク


節約術 MENU
食料品の買い物のコツ 衣類の節約術 電気代節約の知恵
ガス代節約の知恵 水道代節約の知恵 ガソリン代節約

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る