エコ生活の知恵・裏技/節約術

魚焼きグリルは油汚れでギトギトになりがちです。自然素材を使って落としてみましょう。

魚焼きグリルの油汚れ

魚などを焼いた後の魚焼きグリルは、油汚れでギトギトになり油汚れを落とすのが大変です。使う前にちょっとした下準備をしておくと、汚れ落としが簡単になります。

魚焼きグリルの油汚れをきれいにするには

片栗粉を入れて汚れ取り
グリル皿が魚の脂でギトギトになっているときは、片栗粉を使ってみましょう。 魚を焼く前に、グリル皿に片栗粉大さじ4~5杯を水と一緒に入れておきます。30分ほどたって冷めると、片栗粉と一緒に脂が固まって、ペロンとはがれます。そのまま捨てるだけで、脂がきれいに取れるので便利です。
米のとぎ汁で汚れがすっきり
米のとぎ汁にはアルカリ成分が含まれているので、汚れが付きにくくなります。 グリル皿に水のかわりに米のとぎ汁を入れてから、魚を焼きます。水だけだと脂がギトギトしてなかなか落ちにくいですが、米のとぎ汁のおかげで掃除が楽になります。
お茶がらで汚れと臭いをすっきり
お茶がらは脂を吸収する力と脱臭効果があるので、使ってみましょう。 お茶がらを、魚を焼き終わった直後の熱いうちに、グリル皿に入れておきます。冷めてからスポンジなどでこすり洗いをすると、脂汚れがすっきりとします。 調理後、時間が経ってしまった時には、お茶がらを入れてから5分ほど焼いてください。

スポンサーリンク


台所掃除の知恵・裏技MENU
ガスレンジ  シンク・排水口  換気扇・レンジフード  鍋・フライパン  まな板・包丁  魚焼きグリル  電子レンジ・オーブン  冷蔵庫  キッチン家電  その他の台所用品

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る