エコ生活の知恵・裏技/節約術

食材の保存法~野菜の保存方法

野菜を保存するときは

野菜を保存するときは、畑などで育てられているときと同じ状態にしておくことが一番です。そうすることで鮮度が落ちていくのを遅らせることができます。

野菜を長持ちさせる保存方法

かぼちゃ
丸のままのかぼちゃは新聞紙に包んで、風通しのよい涼しい場所で数ヶ月保存できます。カットされたかぼちゃは種がいたみやすいので、スプーンで種とわたを取り除き、ラップをかけて冷蔵庫(野菜室)で保存します。
レタス
新聞紙を水で湿らせてレタスを包み、ポリ袋に入れて保存します。湿気にも乾燥にも弱いため、長くは保存できません。
長ネギ
根元をカットして青い部分と白い部分に切り分け、保存袋に入れて冷蔵庫(野菜室)に立てて入れておきます。泥つきネギは新聞紙に包み、涼しい場所で立てて保存します。
きのこ
いしづきが付いたまま乾いた新聞紙に包んで、ポリ袋に入れて冷蔵庫(野菜室)で保存します。
キャベツ・白菜
丸ごとのキャベツは、芯をくりぬいた中にキッチンペーパなどをしめらせたものをつめて、芯を下にして保存します。

スポンサーリンク


セロリ
セロリの葉から水分が抜けていくので、葉と茎に切り分けて、それぞれを乾いた新聞紙に包んで、ポリ袋に入れて冷蔵庫(野菜室)で保存します。
きゅうり
水分を取り、新聞紙に包んでヘタを上に向けて立てて冷蔵庫(野菜室)で保存します。
小松菜・ほうれん草
ぬらした新聞紙に包んで、立てて冷蔵庫(野菜室)で保存します
大根
新聞紙で包み、立てて冷蔵庫(野菜室)で保存します。葉がついている場合は、付け根で切ってビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。
ごぼう
泥のついているごぼうはそのまま新聞紙に包んで、根を下にして立てて風通しのよい涼しいところで保存します。約1~2週間保存可能です。洗ってあるごぼうは鮮度が落ちやすいので、ラップに包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫(野菜室)に入れて保存します。
じゃがいも
涼しくて風通しのよいところで保存します。日に当てると芽が出てしまうので注意しましょう。
にんじん
水気に弱いので、水分をふき取り新聞紙に包んで、茎を上にして冷蔵庫(野菜室)で保存します。

スポンサーリンク


食材の保存法MENU
野菜の保存法  野菜の冷凍保存法  肉魚介類の冷凍保存法  意外なものの冷凍保存法

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る