エコ生活の知恵・裏技/節約術

食材の保存法~意外なものの冷凍保存

意外なものの冷凍保存について

意外なものが冷凍できます。冷凍保存できると無駄がなくなります。

意外なものの冷凍保存方法

はちみつ
はちみつは常温においておくと、いつのまにか白くなって固まってしまいます。はちみつは、5℃以下になると固まらないという性質があるので、冷凍庫で保存しましょう。多少かためになりますが、白く固まることはありません。
コーヒー
コーヒーは、時間が経つとともに香りが飛んでしまいます。低温の冷蔵庫で保存するのがいいですが、コーヒーは吸収作用があるので、冷蔵庫の中のニオイを吸い取ってしまうことがあります。そこでニオイの少ない冷凍庫で保存してみましょう。冷凍庫で保存した場合、美味しく飲める期間は豆の状態で2~3週間、粉で2~3週間です。
納豆
納豆は買ったときのパックのまま冷凍できます。付属のたれとからしも一緒に冷凍して大丈夫です。 パックに穴が開いている場合は、さらにフリージングパックに入れてから冷凍します。使うときは冷蔵庫で自然解凍します。
ケーキ、カステラ
一切れずつラップに包んで冷凍します。食べるときは、自然解凍です。 冷凍できない果物が飾ってある場合は、外してから冷凍しましょう。
豆腐
豆腐を冷凍すると、高野豆腐のような食感になりますが、違った食感を楽しめます。
豆腐を冷凍するときは、買ってきたパックのままでもいいですが、できれば水気を切ってフリーザーパックに入れたほうがいいでしょう。 使うときは自然解凍か、電子レンジで半解凍します。お味噌汁などには、さいの目に切って冷凍し、使うときは凍ったままでOKです。
粉チーズ
粉チーズを冷蔵庫で保存していると、湿気でかたまって出てこないことがあります。それを冷凍庫で保存すると、かたまらずサラサラの状態で使うことができます。

スポンサーリンク

食材の保存法MENU
野菜の保存法  野菜の冷凍保存法  肉魚介類の冷凍保存法  意外なものの冷凍保存法

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る