エコ生活の知恵・裏技/節約術

かたい肉をやわらかくする方法とは

肉料理をおいしくするには

ちょっとしたことで肉料理がおいしくなったり、調理が簡単になったりします。そのコツや裏技をご紹介します。

肉料理をおいしくするコツ

豚の角煮
豚の角煮で使う砂糖のかわりに、水あめを使ってみましょう。水あめで味がまろやかになり、肉に照りが出ます。
から揚げ
鶏肉に下味をつけるときに、ごま油小さじ1杯を加えてみましょう。
ごま油を加えると、から揚げがパサパサしないでやわらかい感じに仕上がります。から揚げの衣をつけたあとは、すぐに揚げずに、しばらく冷やしておくとカリっとした仕上がりになります。
ハンバーグ
  • 小麦粉をまぶして焼く
    小麦粉がハンバーグの肉汁を閉じ込めて、外に流れないようにしてくれ、とてもジューシーなハンバーグにできあがります。 また小麦粉をまぶして焼くと、焦げにくいという効果もあります。
  • 卵の代わりにマヨネーズ
    お弁当にハンバーグを入れ、冷めてから食べるとかたくありませんか。 お弁当用のハンバーグは、作るときに卵のかわりにマヨネーズを入れてみましょう。マヨネーズを入れると冷めてもやわらかく、ふっくらさが残ります。

スポンサーリンク


かたい肉をやわらかくする
  • キウイやパイナップル
    キウイやパイナップル、パパイヤなどの果物には、肉の組織をやわらかくする成分があります。ステーキ肉をそれらの果物をスライスしたものや、果汁にしたものに漬け込んでから、焼いてみましょう。ただし加工された缶詰やジュースではなく、生の果物を使うのが基本です。
  • 玉ねぎのすりおろし
    玉ねぎの酵素が肉をやわらかくします。玉ねぎのすりおろしに30分以上つけ込んでから調理します。
  • ビールやコーラでやわらかく
    ビールやコーラなどの炭酸飲料につけてから焼いてみましょう。炭酸にはやわらかくする効果があります。煮込む場合にも炭酸飲料を入れると、やわらかくなりコクも出ます。
  • 片栗粉につけてから焼く
    ステーキ肉は焼いているうちに肉汁が出て、硬くなりがちです。焼く直前に、両面に軽く片栗粉をまぶしてから焼いてみましょう。片栗粉が肉の表面をおおい、肉汁を閉じ込めるのでやわらかく仕上がります。
  • プレーンヨーグルトにつける
    肉をプレーンヨーグルトに30分以上つけ込んでから調理すると、やわらかくなります。調理するときは、濃い目の味付けのときはヨーグルトはついたままで、それ以外はふき取ったほうがいいかもしれません。
鶏肉の皮に穴をあけて焼き時間を短く
調理前に鶏肉の皮にフォークで穴をあけると、焼く時間が短縮され味もしみやすくなります。

スポンサーリンク


料理をおいしくする知恵・裏技MENU
肉料理  魚貝料理  野菜料理   ご飯・麺料理  煮込み料理  揚げ物   卵料理  その他の料理  電子レンジを使って

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る