エコ生活の知恵・裏技/節約術

鍋やフライパンの焦げ付きや油汚れに、重曹が大活躍です。

鍋・フライパンの汚れ

鍋やフライパンを使ったあとは、熱いうちに洗うのが一番ですが、長時間経ってしまったりこげが付いたりした場合の落とし方を紹介します。

鍋・フライパンをきれいに

ステンレスの鍋の軽い焦げ付きには
鍋に水と酢大さじ2~3杯を入れてしばらく煮立たせます。冷めてからスポンジで水洗いするだけできれいになります。
頑固な焦げ付きには
焦げた部分が見えなくなるまで重曹を振りかけて、さらに水(お湯はダメです)を数センチの高さまで入れます。 鍋やフライパンを火にかけて沸騰させたら、火を止めてそのまましばらくおいておきます。焦げが浮き上がってきたら、スポンジなどでこすり洗いをします。

*熱湯に重曹を入れると、吹きこぼれることがあるので注意してください。
*アルミ製の鍋に重曹を使うと、黒く変色するので使えません。
油汚れには
鍋肌にカレーなどの油汚れが付いた場合は、まず重曹を鍋肌に振りかけておきます。30分ほど経つと汚れが浮き上がってくるので、ペーパータオルなどで拭き取ります。
アルミ製の鍋の黒ずみには
アルミ製の鍋にひたひたの水とリンゴの皮を入れて、15分ほど煮立たせます。そして鍋の中身を捨ててから、スポンジで鍋をこすると黒ずみがとれます。 リンゴに含まれるリンゴ酸が黒ずみをとってくれます。
クエン酸を少々水の中に入れて煮立たせるのも、同様の効果があります。
鉄製フライパンの油汚れ
フライパンに塩を大さじ1杯くらい入れて、ボロ布やペーパータオルなどでこすると汚れが落ちます。
フライパンを強火で空焼きをします。付いていた油が燃えて煙が出るので、充分に換気をしてください。その後冷めるまでおいておき、ナイロンたわしなどでこすり落とします。

スポンサーリンク


台所掃除の知恵・裏技MENU
ガスレンジ  シンク・排水口  換気扇・レンジフード  鍋・フライパン  まな板・包丁  魚焼きグリル  電子レンジ・オーブン  冷蔵庫  キッチン家電  その他の台所用品

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る