エコ生活の知恵・裏技/節約術

食料品の買い物のコツ

食料品の買い物のコツ

買い物をして節約できるようにコツをつかんでおきます。

買い物で節約になるようにするには

閉店直前をねらう
スーパーでは閉店前の6時ごろになると、生鮮食品は翌日に持ち越したくないため、値引きのシールがはられていることが多いです。
業務スーパーを利用
冷凍食品や乾物、缶詰、飲料などは保存がきくので、安い業務スーパーでまとめ買いをしておくのもいいでしょう。
特にお弁当を作ってる家庭では、冷凍食品が安いのは便利です。
食材を確認してから買い物に
冷蔵庫の中身を確認し、消費期限が近いものや痛みやすいものなどを使う献立を考えるようにします。そして、その献立に必要な食材をメモしてから買い物に行きます。
予算額のみ持っていく
お財布に余計なお金を入れておかないほうが、買いすぎないことにつながります。
お腹がすいている時は買い物に行かない
お腹がすいているときに買い物に行くと、食べたいものが多くなって、必要ではないものまで買ってしまいます。ご飯を食べてから、じっくりと買うようにしましょう。
3個買うとOOO円はやめる
3個買うと1個買うときよりも単価が安いですが、3個買っても使い切れなかったり食べきれなかったりして、消費期限が切れてしまったことがありませんか。結局1個買うほうが安くなるので、3個買うのはやめましょう。ただし大人数の家計は別です。

スポンサーリンク


節約術 MENU
食料品の買い物のコツ 衣類の節約術 電気代節約の知恵
ガス代節約の知恵 水道代節約の知恵 ガソリン代節約

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る