エコ生活の知恵・裏技/節約術

シンク・排水口の汚れやニオイ

シンク・排水口の汚れやニオイ

シンクや排水口に汚れやヌメリがついてくると、嫌なニオイもしてきます。
自然素材を使って、きれいにしてみましょう。

シンク・排水口をきれいにするには

重曹と酢を使う
シンクにヌメリがついてくると嫌なニオイもしてきます。そのヌメリを取るには、重曹と酢を使います。
スポンジを湿らせて、そこに重曹をつけてこすり洗いをします。そして水で洗い流し、酢をサッとかけます。そうすると汚れもヌメリもなくなり、きれいになります。
クエン酸でステンレスシンクがすっきり!
スプレーボトルに、水500ccとクエン酸大さじ1杯を入れてよく混ぜて使います。シンクにシュッとスプレーして、少し待ってからスポンジなどでこすります。最後に水で洗い流すと、すっきりときれいになります。クエン酸は食品添加物なので、安心して使用できますね。

※注意点
クエン酸は酸性なので、漂白剤などの塩素系のものと混ざると、有害ガスが発生します。一緒に使わないようにしてください。
排水口のヌメリを取るには
  • 10円玉
    10円玉は銅でできているので、銅の殺菌作用がヌメリをつきにくくします。 使い方は、10円玉5~6個を使い古しのストッキングの中に入れ、しばってからゴミ受けの中に入れます。10円玉が黒すんできたら(約1~2ヶ月)、交換します。
  • アルミホイル
    アルミホイルをピンポン玉くらいの大きさにクシャクシャに丸めて、ゴミ受けの中に入れておきます。アルミから出た金属イオンの抗菌作用により、ヌメリを分解し発生しにくくなります。
  • 重曹と酢
    排水口に重曹を1カップほど振りかけます。 そして酢を50ccかけると汚れが浮き上がってくるので、そのまま1時間ほどおいておきます。その後熱湯で洗い流すと、きれいになります。

スポンサーリンク


台所掃除の知恵・裏技MENU
ガスレンジ  換気扇・レンジフード  鍋・フライパン  まな板・包丁  魚焼きグリル  電子レンジ・オーブン  冷蔵庫  キッチン家電  その他の台所用品

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る