エコ生活の知恵・裏技/節約術

衣類のシミ取りの知恵・裏技

衣類のシミ取りの知恵・裏技

シミをつけてしまったら、すぐに落とすか応急処置をします。さらに洗濯前のひと工夫で対処します。シミの落とし方を間違えると、シミが残ってしまうこともあるので注意します。

外出先でのシミの応急処置

水溶性のシミ(しょう油・ジュース・コーヒー・お茶など)
乾いたハンカチや紙ナプキンなどを汚れの裏にあて、水で濡らしたハンカチやティッシュで押さえて汚れを移します。最後に乾いたティッシュなどで水分を拭き取ります。
油性のシミ(口紅・ファンデーション・カレー・ドレッシングなど)
乾いたハンカチやティッシュなどで、固形物を取り除き油分を吸い取ります。汚れを広げないように、外側から内側に向かってつまんで取るようにします。汚れの裏にハンカチなどを当てて、表からは濡らしたティッシュなどでたたくようにしてシミを移しとります。

スポンサーリンク


家でのシミの取り方

しょう油・ソース・コーヒー・紅茶
シミのついた部分を水洗いをしてから、裏側にタオルを当てて、シミの部分に酢を数滴たらし、たたいておきます。あとは普通に洗濯します。
マヨネーズ・バター・マーガリン
まず余分な油分を吸い取り、キッチンペーパーなどを下にしき、シミの部分にクレンジングオイルをつけます。歯ブラシでクレンジングオイルをなじませるように、上からたたきます。次に台所用洗剤を歯ブラシに付けて、クレンジングオイルの油分を落としていきます。 シミが落ちたら、ぬるま湯でもみ洗いをし、しっかりとすすぎ洗いをします。衣類に合った方法で洗濯をします。
カレー
シミ部分に台所用洗剤をつけて、もみほぐします。デリケートな衣類の場合は、裏側にタオルを入れてやさしくたたいたり、歯ブラシでたたいたりします。そして、シミ部分を軽く水ですすぎます。これでシミが落ちない場合は、さらに酸素系漂白剤につけておくといいでしょう。 あとは衣類に合った方法で洗濯します。
果物
果汁を布で吸い取り、シミの部分に重曹をかけ、重曹にシミが吸収されるまでそのままにし、上からブラシなどで重曹を落とします。水を含ませたスポンジなどでシミをたたくようにして落とします。衣類に合った方法で洗濯をします。
ファンデーション・口紅
ファンデーションや口紅は油性なので、ベンジンで落とします。ベンジンを歯ブラシなどにつけ、シミの部分をたたきます。そして水ですすいでから、洗濯をします。 ベンジンだけでシミが落ちない場合は、さらに台所用洗剤をつけてもみほぐしてください。
マニキュア
マニキュアのシミのついた面にタオルなどをしき、シミの裏側から除光液をしみこませた綿棒などでたたきます。あとは軽く水で流して、洗濯します。
油性ペン・油性マジック
シミ部分の下にタオルなどをおき、消息用エタノールを含んだ布でたたきます。下のタオルにシミが移りったら、台所用洗剤をつけたスポンジで軽くこすり、シミを落とします。その後は洗濯をします。
墨汁
歯磨きを付けて、水を流しながらもみ洗いをします。歯磨きの研磨剤が、繊維に入り込んだ汚れを引き出しでくれます。墨汁はとれにくいですが、何度も繰り返してやってみてください。

スポンサーリンク


エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る