エコ生活の知恵・裏技/節約術

食材の保存法~野菜の冷凍保存法

野菜の冷凍保存について

生野菜を冷凍するときは、冷凍前後に加熱調理したり刻んだりするのがおすすめです。

野菜の冷凍保存方法

トマトは煮込み料理に使う
トマトは冷凍すると果肉の組織がくずれるので、生で食べるのは不向きですが、煮込み料理には大活躍です。
また冷凍トマトの皮は、水にさらすとサラッとむけます。シチューやスープにするときは、そのまますりおろして使えます。
冷凍するときは、そのままカットせずにラップに包んで冷凍庫に入れておきましょう。
玉ねぎはカット、または炒めてから冷凍
玉ねぎを薄切りかみじん切りにして、小分けにしてラップに包んで冷凍します。使うときは、そのまま炒めたり、レンジでチンしてもOKです。 または炒めてから冷凍し、自然解凍して使うのも便利です。
大根、キュウリ、セロリは塩もみにして冷凍
水気の多い野菜は冷凍には向きませんが、薄切りにして塩でもんでから冷凍できます。塩でもんで水気を出し、その水気を絞ってからパックに入れて冷凍します。使うときは、自然解凍します。

スポンサーリンク


じゃがいも
適当な大きさに切り、茹でてからつぶし、ポテトサラダやマッシュポテトにして冷凍します。カレーなどに入っているじゃがいもは、そのまま冷凍するとカスカスになって美味しくないです。じゃがいもは除いて冷凍しましょう。
かぼちゃ
タネを取って適当な大きさに切り、茹でてから冷凍します。生のままでは冷凍できません。
きのこ類
しいたけやしめじ、えのきなどのきのこ類は、買ってきてそのままか、薄切りにして冷凍庫に入れて大丈夫です。調理するときは凍ったまま使います。
キャベツ・白菜
ゆでてから水気を切り、食べやすい大きさに切ってからポリ袋に入れて冷凍します。使うときは凍ったまま炒め物や汁物にします。

食材の保存法MENU
野菜の保存法  野菜の冷凍保存法  肉魚介類の冷凍保存法  意外なものの冷凍保存法

エコ掃除の知恵・裏技

エコ料理の知恵・裏技

エコ洗濯の知恵・裏技

節約術

生活に便利な知恵・裏技

美容効果のある自然素材

不用品を再活用

自然素材で手作り

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る